PR

【イヤホンレビュー】TRI iONE


こんにちは。
今回はTRIからリリースされた「iONE」というイヤホンのレビュー記事になります。
年末~年始頃にEasy Earphonesで開催された福袋企画で入手された方が多いのではないかと思います。

福袋には最も多く含まれていたので、人によっては「ハズレ枠」のように捉えた方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなかどうして良い音を奏でてくれるイヤホンでしたので、レビューしていきたいと思います。

メーカー概要

TRI社は「Meteor」や「Starsea」など、国内でもよく流通しているイヤホンを製造しているメーカーです。
例えば「Starsea」はスイッチギミックで音質を調整できたりと遊び心がありながら、フェイスプレートは個体によって異なるという所有欲を掻き立てるモデルとして有名ですね。

今回の「iONE」は同社の上位グレードに属するイヤホンで、カーボンコーティングされた振動板を採用したダイナミックドライバー1基のモデルになります。
最近は上位グレードの製品でもダイナミックドライバー1基で勝負するイヤホンが多く、複数基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載した製品とは違った良さがあります。

箱と付属品について

パッケージは大変シンプルで、裏面のスペック表記も最小限といった感じです。
その分、内装にはこだわりがあり、大きくプリントされたイメージ画像(鹿?)と整頓されたアクセサリ類が高級モデルであることを再認識されます。

付属品はケース、イヤーピース(バランス重視と、単体発売もしているClarion-角笛)、マイクロファイバー、お掃除ツール、説明書とケーブルです。
ケーブルは純銀製で単体でも2万以上はするので、福袋で入手された方は「ケーブル買ったらイヤホンが付いてきた」という現象が起きていますね(笑)
もしかしたら、4.4mm版が手元に届いたという方もいらっしゃるかもしれませんが自分は3.5mm版だったので使うことはないと思います。

イヤホン本体はブラックまたはシルバーの2色展開で、手元に届いたモデルはブラックでした。
個人的には引き締まった感じがあり印象が良かったですが、もしシルバーだったら手放していたかもしれません…(;^_^A

フェイスプレートは鏡面仕様になっており、反射の具合から見ても高級感があるイヤホンだと感じます。
できる限り小傷をつけたくはないので、私はすぐにガラスコーティング剤を施工しました。

セットアップ紹介

今回使用するケーブルは、例のごとく「ivipQ Store」の「ivipQ-50」を組み合わせました。
純正ケーブルと同様の純銀を含みつつ、パラジウム・グラフェン・銅銀合金・銀メッキOCCの5つの線材を組み合わせたケーブルです。
ストアの説明文曰く、低域~高域まですべての音をスムーズに伝送することができるとのこと。

また細かく金箔があしらわれており、光を当てると星の海のように輝く(説明文から引用)とのことです。

161.99US $ 40% OFF|Earphone Upgrade Cable | Ivipq Flagship | Flagship Cable | Hd800 Cable | Ivipq Cable - -50 - Aliexpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

イヤーピースも例のごとく、finalのEタイプを使用しています。
TRI Clarion(角笛)も別途所持していますが、あまり耳に合わないので別メーカーのものを使っています。
本イヤホンは金属製のため若干の重量を感じますが、finalのイヤーピースはしっかりとイヤホンを保持してくれるので相性は良いと思います。

ヨドバシ.com - final ファイナル FI-EPECL2L4 [イヤピース Eタイプ CLEAR赤軸 Lサイズ 6個] 通販【全品無料配達】
イヤホン本来の音を引き出す、史上最高の装着感。※ CLEARは他のカラーと比べて、面粗度(表面の滑らかさ)や硬度がやや異なるため、密閉度がわずかに変化することにより低音が若干軽くなり、高音が明瞭...

音質レビュー

音質のレビューにあたり、以下の環境・曲を使用しています。
・PC → FiiO BTR7 有線接続
・再生ソフトは“TuneBrowser”を使用
・ロック(Crush 40)やアニソン(結束バンドやVTuberなど)を参考曲として使用しています。

まず、本イヤホンの第一印象としては明瞭感の高い音を奏でてくれるといった面だと感じました。
少し中高域寄りのチューニングではありますので、高域の刺さりに敏感な人は違和感を感じるかもしれません。
私自身はあまり高域の刺さりを感じづらいのか、本イヤホンについては後述の低域の主張で気にならなかったのか、問題にはなりませんでした。

また、サブベースが強調されるような音源(星街すいせい – みちづれ)を再生してみると低域がハッキリと主張してくるようになり、中高域の明瞭感に配慮をしつつも低域はしっかりと鳴らすといった、良いチューニングがされていると感じます。

注意点としては、本イヤホンは相応にアンプの駆動力を必要とするように感じます。
しっかりと駆動力を発揮する上流であれば迫力に満ちたサウンドを奏でてくれますが、おそらく駆動力が足りなければ全体的に痩せた音になってしまうでしょう。
とはいえ、BTR7のようなポータブルアンプでも駆動させられるので大きな問題にはならないだろうとは思います。

自宅で執筆する際は「K9 Pro ESS」を使用するので、もしかしたら少し印象が変わって聴こえるかもしれません。

なお、本イヤホンは現在Aliexpressにて167ドル前後で販売中です。
福袋企画が今後ないとは言い切れませんので、気になる方はそれを待つのもいいかもしれませんね。

279.0US $ |Tri I One Single Dynamic Unit Iem New Flagship Earphone Wired Headphone With Wolfram Pure Silver Wire Music Headset Hifi Earbud - Earphones & Headphones - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

ちなみに、Amazonでも販売中です。

Amazon.co.jp

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました