PR

CloudPanel&ProFTPDでパッシブ接続用ポートを変更する方法

こんにちは。
CloudPanel上で動作しているProFTPDのパッシブ接続用ポートはデフォルトで「49152~65534」と範囲が広いため、狭めて開放する場合の設定方法を備忘録として記録します。

Hosting Control Panel - CloudPanel
CloudPanel is a free web-based interface hosting control panel for Debian and Ubuntu. It allows to manage servers and ho...

CloudPanel側の設定変更

  1. CloudPanelにログインし、画面右上の「Admin Area」をクリックします。
  2. 画面左側のSecurityをクリックし、一覧から「ProFTPD Passive Ports」をクリックします。

    ※IPv4、IPv6 どちらも変更します。
  3. ポート範囲を「60000-61000」など任意の値へ変更して、Saveをクリックし保存します。

ProFTPD側の設定変更

ProFTPDの設定ファイルは下記ディレクトリの「proftpd.conf」ファイルを編集します。

/etc/proftpd/

編集内容

元の設定をコメントアウトして、新たなポート範囲を設定します。

PassivePorts 49152 65534
 ↓
#PassivePorts 49152 65534
PassivePorts 60000 61000

ProFTPDサービスを再起動して、パッシブモードでの接続確認ができれば完了です。

systemctl restart proftpd.service

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました