PR

【PR】Blackview Tab10 WiFi – Android 13 / 8コアCPU搭載タブレット

こんにちは。
今回はBlackviewよりリリースされた、10.1インチ大画面タブレット「Blackview Tab10 WiFi」をご紹介します。

製品概要

「Blackview Tab10 WiFi」はタブレットとして奇をてらったデザインという訳ではなく、よくある「普通のタブレット」としての手堅いデザインを採用しています。
目立った特徴がない分、タブレット初心者の方にも扱いやすくなじみやすい製品となるのではないでしょうか。

当然ながら充電端子は「USB Type-C」を採用しておりますので最近のモデルならではだと思います。

また、GMS(Google Mobile Service)認証を取得していますので「Google Play ストア」を利用して様々なアプリをインストール・利用することが可能です。

スペック情報

「Blackview Tab10 WiFi」のスペック情報は以下の画像・表のとおりになります。

CPU MediaTek MT8788 Cortex-A73 x4 + Cortex-A53 x4 最大2.0GHz
GPU ARM Mali-G72 最大800MHz
メモリ 8GB RAM + 最大8GB 拡張メモリ
ストレージ 256GB
ディスプレイ 10.1インチ、解像度 1280×800 、リフレッシュレート 60Hz、明るさ 360nit
リアカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 500万画素
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 対応
バッテリー 7680mAh ※フル充電で最大18時間使用可能
重量 435g
OS DokeOS P 3.0(Android 13 ベース)
保証期間 1年間

CPU / メモリ / ストレージ

CPUはMediaTek社のワットパフォーマンスに優れた8コアCPU「MT8788」が搭載されています。
スマートフォンやタブレットのベンチマークとして有名な「AnTuTu Benchmark」では、255,114 と普段使いには困らない十分なスペックを備えています。

メモリ容量は比較的大容量の8GBを備えつつ、拡張メモリ機能で最大16GBまで増設することが可能です。
ストレージ容量は256GBと十分な領域を備えており、microSDカードでの容量拡張も対応しているのがメリットです。

ディスプレイ / バッテリー

バッテリー容量は7,680mAhと、私の使用しているスマートフォン(Pixel 6a)の約2倍の大容量となっています。
最大で18時間使用可能、ゲーミング用途でも5時間は動作する十分な容量を備えています。

また他社においても多く採用されている機能ではあるものの、「Blackview Tab10 WiFi」もOS上で独自の省電力モードを備えており、バッテリーを節約しながら長時間使用が可能となっています。

その他の特長

「Blackview Tab10 WiFi」は利用するユーザーが「どのようなアプリを使うのか」を学習する先読み機能をOSレベルで備えています。
上記の先読み機能により、アプリの起動速度が平均7%向上するメリットがあるとのことです。

「Blackview Tab10 WiFi」は、同じBlackviewの端末同士でデータが移行できる機能を備えています。
長期間使い、バッテリー持ちやスペックに不足を感じたら新機種へ移行する…ということもカンタンにできます。

「Blackview Tab10 WiFi」はパソコンのように作業可能な「PCモード」を備えており、複数アプリを同時に開いてマルチタスクをこなすことが可能です。
ブログ記事を書きたいときや会議中にメモを取りたいときなど、サッと取り出して使えることが特長の1つです。

付属アクセサリーとして、液晶保護フィルム・タッチペン・フリップ式ケースが付属します。
別売で揃えないとならないことが多いだけに、タブレット購入時に付属しているというのはメリットの1つだと思います。

価格・おトクなセール情報

「Blackview Tab10 WiFi」の販売価格は通常26,900円のところ、先着でおトクにご購入いただけるセールが開催される予定です。
先着制のクーポンコードとなりますので、購入をご検討の方はぜひ活用していただければと思います。

セール期間 2023年10月15日(日)~2023年10月17日(火)
クーポンコード(7,000円割引) TAB10WIFI2 ※先着300名限定
クーポン適用後の価格 16,941円
Bitly

なお、本日まで開催中の「Prime感謝祭」セールにおいても、19,425円まで値下がって販売されております。
お読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました