PR

【イヤホンレビュー】Sony WF-1000XM4


こんにちは。
今回はSONYのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM4」のレビュー記事になります。
製品の概要、付属品のご紹介、私が愛用している組み合わせと音質の簡単なレビューを本記事でご紹介します。

製品概要

「WF-1000XM4」は2021年6月25日にSONYより発売された、業界最高クラスのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。
日本オーディオ協会のハイレゾ認証を受けていることに加え、SONY自身が新規に開発した高音質なBluetoothコーデック「LDAC」に対応したワイヤレスイヤホンとして、約2年が経過した現在でも定番商品の一部として君臨しています。

本機の特長はなんといってもノイズキャンセリング性能の高さにあり、従来機種の「WF-1000XM3」と比べると高音域から低音域まで、どの帯域においても性能が向上しているといった着実な進化を遂げた製品になります。
ノイズをより的確に捉えるためにフィードバックマイク・フィードフォワードマイクの2つマイクを搭載し騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成することで、リスニングに浸れる最高の環境を作れるよう設計されています。

加えて、新規開発の「ノイズアイソレーションイヤーピース」を付属品に採用することで、ノイズキャンセリング単体に頼りすぎることなく、イヤホンそのものの遮音性も向上させるといった配慮がなされています。
それでいながら、外音取り込み機能をより自然な品質へと高めたことで、音楽を聴きながら周囲の音を聴くといった面においても十分な性能を発揮するようになっています。

また、従来機種より振動版の可動性を高めた専用設計の「6mmドライバーユニット」を採用することにより、低音域の再生能力を中心に、イヤホンで大事な要素となる「音質」にも気を配った設計となっています。
上記に加え、AI技術によりリアルタイムなアップスケーリングを実現する「DSEE Extreme」機能を搭載したことで、より一層臨場感を高めたリスニング環境を楽しめる一品となっています。

なお、Bluetooth機能とノイズキャンセリング機能をワンチップに統合したプロセッサー「V1」が搭載されており、ポータブル向けとして最高クラスのS/N比と低歪な特性を持つD/A変換回路およびヘッドホンアンプを内蔵したことにより、従来機種よりも小型化・高性能化を両立させつつ、音質にも妥協をしない設計が採用されています。

その他の詳細については、メーカーの商品ページをご参考いただければと思います。

WF-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー
ソニー ヘッドホン 公式ウェブサイト。ヘッドホンWF-1000XM4の商品ページです。

箱と付属品について

SONYとしてはフラッグシップに属するイヤホンながら、パッケージは簡素なデザインが採用されています。
ただ、これはプラスチックを一切使用しないサトウキビや竹、市場で回収したリサイクル紙を由来とするオリジナルブレンドの再生紙を包装パッケージに使用することで、環境に配慮したものでコストダウンの一種ではないようです。

あくまでもSONYとして、環境に配慮したパッケージを各製品で推進していく考えの現れのようですね。
個人的には製品そのものの評価が高ければ、化粧箱などにコストを余分に割く必要はないと思うので好印象です。

パッケージ内には充電器兼収納ケース・説明書や保証書類・イヤーピースと充電用のUSB Type-A to Cケーブルが格納されています。
イヤーピースは前章でご紹介した「ノイズアイソレーションピース」のS/M/Lサイズが付属しており、それぞれ通常購入だとそれぞれ1ペアで2,000円弱はするため、かなりコスパの良い付属品として考えられるのではないかと思います。

Bitly
Bitly
Bitly

本体ケースは思ったほど大型ではなく、マットブラックかつ手触りのよい加工がされており高級感があります。
購入時にはケース内に絶縁シートが挟まっており、引き抜くことでイヤホンの充電が開始される仕組みになっています。

イヤホン本体には標準でMサイズのイヤーピースがセットされており、充電用の金属端子や接触感知用のセンサーが見受けられます。
また、左右の刻印が大きめに入っておりますので、耳に装着する際にしっかりと確認できるのは好印象です。

セットアップ紹介

今回のレビューにあたり、あえて付属品のノイズアイソレーションイヤーピースではなく同社の「トリプルコンフォートイヤーピース」を購入しました。
決して付属品がダメという訳ではなく、付属品は大事に取っておきたいこだわりがあるというだけです…。

本製品は2ペアで1,000円ほどと安価で購入でき、水洗いも可能なので長く使用することができるという一品です。
遮音性・密着性ともに上々で、WF-1000XM4を装着中に耳から落ちてしまうなどといったことはありませんでした。

https://amzn.to/3xRYnLd

※AmazonではSSサイズ以外がないので、Lサイズ等は他のネットショップで探してみてください。

音質レビュー

音質のレビューにあたり、以下の環境・曲を使用しています。
・PC → Alternative A2DP Driver → WF-1000XM4(LDAC接続)
・再生ソフトは“TuneBrowser”を使用
・ロック(Crush 40)やアニソン(結束バンドやVTuber系など)を参考曲として使用しています。

まず、音のバランスとしては中域が中心となり、それを支える低域・高域といった構成になっていると感じます。
よくあるダイナミックドライバー搭載機のように低音がドンドンと主張する感触ではなく、全体的に見ればフラットで音場は広めのサウンドを奏でるといった風に感じます。
それでいて、音の分離感は大変良く、メリハリが効いたサウンドのため音楽を聴いていて「楽しい」と感じます。

あくまでも、リスニング系のサウンドというよりはモニターライクな…SONYらしい音作りではありますが、聴き疲れするようには感じないので絶妙なバランス感があり聴いていて心地がよいです。

また同様の機能を使うのは初めてですが、本機の特長であるノイズキャンセリングについて書いていきたいと思います。
実際に喫茶店でノイズキャンセリングをオンにしたところ、流石に大きめの話し声や物音が一切なくなるということはありませんが、例えば風切り音など一部の音については皆無になりました。
本記事を書いている間もオンにしていましたが、話し声は聞こえるものの集中力を乱されるようなレベルではありませんでしたので、しっかりと執筆に集中することができました。

外音取り込みモードではイヤホン未装着時と同等の音が取り込まれており必要十分の効果を感じます。
買い物で店員さんと言葉を交わす際や、電車に乗っていて降車駅のアナウンスを聞きたい場合に重宝しています。

なお、付属品ではなくトリプルコンフォートイヤーピースを使用した感触ですが、ノイズキャンセリングがオフの場合も遮音性が高く、周囲の環境音がうっすら聞こえる程度になるのでイヤーピース自体の性能の高さも感じさせられました。

また、本機はスマートフォンのアプリ(Headphones Connect)と連携することで、静止時など状況に応じてモードを切り替えてくれる「アダプティブコントロール」機能を備えています。
例えば電車から降りて歩き出すと自動的にモードが切り替わり、周りの環境音をハッキリと捉えることができます。

いちいちモードを切り替える必要がなく、もちろん必要に応じて手動で切り替えることもできますので面白い機能だと思いました。

私にとっては(安価な機種を除けば、)初めてのTWSイヤホンでしたが、総評としては満足の一言です。
懸念を挙げるとすれば、対応予定のマルチポイント接続がいつ頃来るのか…本当に来るのかという点。
マルチポイント接続が可能になると、複数端末での利用が一気に快適になるので早めの対応を願いたいところです。

この記事を下書きとして保存した数日後…2月28日付のアップデートで、マルチポイント接続に対応しました!
バッテリーの持ちについても現時点で問題はありませんので、ようやく本領発揮という感じですね。

なお、現在はAmazonにて3月31日(金)まで、3,300円分のクーポンが配布されています。
価格.comですと25,000円台より販売中のショップが多数ありますが、何かあった際の安心を考えてAmazonなど大手での購入をおススメします。

Bitly

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました